<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目

<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目



<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目ブログ:07月21日


小さい頃、
僕は親父に対して不満がありました。

僕は、親父に誉めてもらった記憶がないのです。

親父の言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

僕にはそれが親父から見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「親父は僕のことがあんまり好きじゃないんだ、
だから21時も日曜日も家にいないんだ」
「親父が誉めてくれないのは、僕がダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩息子であると自覚があるくらいですから、
親父にとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

親父が僕に言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「僕を傷つけた」「僕に寂しい思いをさせた」
「僕に自信がないのは親父のせいだ」
「僕の求める親父ではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざん親父のことを否定し、
責め続けてきた僕にとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、親父の愛だったのです。

<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目

<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目

★メニュー

<お役立ちメニュー>引越しの2週間前に賃貸探し
<お役立ちメニュー>管理物件を多数抱えている不動産屋
<お役立ちメニュー>賃貸の家賃が時期によって高くなることもある
<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
<お役立ちメニュー>礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
<お役立ちメニュー>初期費用として家賃の半年分程度は用意
<お役立ちメニュー>最も大切なのは出せる家賃の設定
<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目
<お役立ちメニュー>偏った情報が掲載されている賃貸情報誌
<お役立ちメニュー>やっぱり賃貸探しで役立つのがインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)一人暮らしをするなら賃貸物件推奨