礼金は賃貸物件のオーナーに対して謝礼の意味で支払うものですので、解約時に戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

 

敷金の使われ方についてご理解されていない方が多いですが、国のガイドラインでしっかりと定められています。
どこまでが原状回復として敷金が使われるかを、一度確認しておくようにしましょう。
賃貸契約をする時に敷金を支払いますが、これはオーナーや管理会社に保証金としての一時預かり金となります。
家賃の滞納が続いたてしまった場合、敷金から補填され、本来は解約後は全額が返ってくるお金ですが、一般的には原状回復の資金として使用されます。 今の日本には分譲で売り出される物件よりも賃貸物件の方が圧倒的に多くなっています。
それだけ賃貸の需要が多いということもあり、人気のエリアの賃貸物件はすぐに埋まってしまうので早めに動く必要があります。



<お役立ちメニュー>礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:06月15日

おれがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていた母親の
「子供に音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は友人となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざと食事を長引かせたりしたこともあります。

おれにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなおれのために、
母親は時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックご飯」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
おれにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作り果物が置いてあって締めになります。

ピクニックご飯もまたワクワクするイベントです。
普段はインスタントとんこつラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしない母親でしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
母親もそこで一緒に食べるというものでした。

母親なりにおれに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。