礼金は賃貸物件のオーナーに対して謝礼の意味で支払うものですので、解約時に戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

 

敷金の使われ方についてご理解されていない方が多いですが、国のガイドラインでしっかりと定められています。
どこまでが原状回復として敷金が使われるかを、一度確認しておくようにしましょう。
賃貸契約をする時に敷金を支払いますが、これはオーナーや管理会社に保証金としての一時預かり金となります。
家賃の滞納が続いたてしまった場合、敷金から補填され、本来は解約後は全額が返ってくるお金ですが、一般的には原状回復の資金として使用されます。 今の日本には分譲で売り出される物件よりも賃貸物件の方が圧倒的に多くなっています。
それだけ賃貸の需要が多いということもあり、人気のエリアの賃貸物件はすぐに埋まってしまうので早めに動く必要があります。



<お役立ちメニュー>礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:04月26日

部分的に減量するのは、
ただ体重を落とすよりも難しい事が多いですね。

痩せたいのは足なのに、胸から痩せてしまった…
などという経験をしたことがある方は、
結構多いのではないでしょうか。

特に、下半身の減量に苦労する方が多いようです。
減量しようと、ハードな運動をしたら、
足などはかえって筋肉がついて、太く見えてしまう事があります。
お尻なども、普通に減量しても、
なかなか痩せませんよね。

これは、下半身が太くなる原因の大半が、
むくみであるからと考えられています。

冷え性の方は、その可能性は非常に高いでしょう。
冷えは、血行不良を起こす厄介な症状です。
血行不良になると、むくみも起こりやすくなりますよね。

そうなると、新陳代謝が下がりますから、
どうしてもからだに溜まった脂肪は燃えにくくなります。
そのせいで、太っていなくても、
太くみられる下半身になっている事が多いのです。

それを解消するには、ハードな運動よりも
下半身のストレッチやマッサージなどで、
足の血行改善に努めるのがいいでしょう。

半身浴して、お風呂上りの温まった足に
マッサージとストレッチをするというのが理想ですね。

日常的に、からだを冷やさないような工夫をする事も大切です。

大腿部やふくらはぎ、腹を
露出するような格好はしないようにしたり、
冷たい飲み物を避けるようにしたり…
生姜湯などの、からだを温める飲み物も効果的でしょう。

あまり色々としようとすると、疲れてしまいますから、
少しずつ冷えを改善して、減量を成功させましょう。