部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃は、一般的には月収の3分の1程度とされており、それ以上ですと経済的に大変になってしまいます。

 

賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
このような、諸々の費用を全て把握し初期費用として家賃の6ヶ月分は準備をしておくと良いでしょう。
もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合、家賃以外にも管理費や共益費がかかってくるので無理して高額な家賃の物件を選んではいけません。 もしこれから賃貸物件探しを始めるのでしたら、妥協することの出来る条件をハッキリとしておきましょう。
あまりにも条件にこだわり過ぎてしまうと、よほどのお金持ちでなければなかなか物件と出会うことが出来ません。



<お役立ちメニュー>初期費用として家賃の半年分程度は用意ブログ:10月21日

俺のお母さんの実家は伊豆の修善寺にある旅館で、
幼い頃遊びに行くと、
板前さんが家族のために作ってくれる料理を食べさせてくれました。

おいしくて見栄えもキレイに作られたそのまかないのご飯は、
俺にとって特別なものでした。
いつも楽しみで、強い憧れのようなものを抱いていました。

我が家は、至って普通のサラリーマン家庭。
お母さんは食べることは一流でも、うではそこそこ。
どちらかというと料理よりも洋裁が好きで、
24時間中ミシンがけをしていることもありました。

でも、シチューやコロッケといった
当時で言えばハイカラなものが好きだった父のために、
料理教室で習ってきては、一生懸命作ってくれたものです。

決して豊かではない時代に
俺は「普通のものを普通に」食べさせてもらったと思っています。

お母さんの愛情がこもった料理と、
祖母の家で食べる特別な料理…
どちらも大切な味の記憶です。

お母さんが作ってくれる料理で大好きだったのが
「なまり節と茄子の焚き合わせ」。

なまり節と茄子を適当に切って、
醤油と生姜で甘辛く焚いたものですが、
これがとびきりご飯に合うんですよね!

最近はなまり節もあまり店頭で見かけなくなり、
俺としてはとても残念です。

もう一つ好きだったものは「おせち料理」。

食べるのはもちろん、
俺は作るのを手伝うのが好きでした。

キントンや錦卵を裏ごししたり、豆を煮たりという工程が大好きで、
大晦日も紅白歌合戦を見ながらせっせと手伝うのが常でした。

ぬかみそを混ぜたり、
白菜漬けを手伝ったりするのも好きでしたから、
お母さんもラッキーだったと思います。

お母さんは俺が料理をしたがると、
台所を解放してくれて、
好きなだけ自由に作らせてくれました。