不動産屋に出向くとわかりますが、不動産業界にも忙しい時期と暇な時期があります。
当然のことながら入学や就職の準備があるために、年明け〜3月頃までが不動産会社にとっては繁忙期となります。

 

不動産屋が暇な時期である梅雨からお盆にかけては、数多くの賃貸物件から探すことができます。
この時期に物件探しをすると大家さんの立場からすると、多少家賃を下げてでも、入居者を見つけたいということがあるので家賃交渉をしやすくなります。
例えば入学式や卒業式の時期に賃貸探しをしても、良い物件はどんどんと契約されてしまいます。
また、借り手が多くなっていることから家賃も高めに設定されてしまう場合もあり、家賃交渉にも応じない大家さんが多いようです。 賃貸を探す時にコンビニや本屋で賃貸情報誌をまずチェックされる人も多いかと思います。
ここで気を付けなければいけないのが、そのような情報誌に掲載されている賃貸はすでに埋まってしまっている可能性が高いということです。



<お役立ちメニュー>賃貸の家賃が時期によって高くなることもあるブログ:05月16日

太っていたときのわしは、
減量のために、
ライスや食パンなどの炭水化物を控え、
糖分や塩分も控え、脂肪分も控え、
肉は完全に食べずに過ごしていました。

それでも、全然痩せませんでした!

減量が成功しなかった原因は、
実は、栄養失調だったようです。

ところで、
島国である日本人には、
特別なDNAが受け継がれているといわれています。
それは、節約遺伝子といって、
食糧が確保できなくなったときに飢えて死んでしまわないよう、
栄養が不足すればするほど、脂肪をため込もうとする遺伝子です。

減量で栄養が不足してくると、
節約遺伝子が活発になり、生命を維持するために
なんとしても痩せないように頑張るのです。

読者様は、
食事制限の減量をして、
せっかく一時的に体重が落ちたのに、
すぐにリバウンドして、
かえって以前より太ってしまったという経験ありませんか?

それには、この遺伝子が大きく関係しているんです!

栄養が不足してくると、体質は「節電モード」になります。
体質が普段使うエネルギー量を最小限にして生命を維持します。

そんな状態のところに食べ物がちょっと入ってくると、
体質は「このチャンスを逃したら大変だ」とばかりに、
そこから思いっきり栄養をとろうとします。

栄養が十分な体質であれば、あっという間に、
基礎代謝で消費してしまうようなエネルギーも大切に使おうとするため、
結局、それが脂肪として体質にたまってしまうのです。

このようにして、食べない人は、
だんだんと減量が成功しにくい
体質になっていくんですね。

減量を成功させたいなら食事をしましょう!
自分の体質を味方につけることが、
減量にとって大切だと思います。